HOME
第6回定期演奏会



まだ1年しか経っていないのに、去年の定期演奏会はずっとずっと昔のように思えます。
この1年間いろんなことやってきたからそう思えるんだよね。
なんだかんだとステージに立つ機会が多くあったし、これからもっと増えそうな気がします。

この1年間でÉpiceは大きく成長しました。
今日はその成果を余すことなくお披露目しましょう。


そう、団員の誰もがこの日を待っていた。
合唱団に属す一員として、最も誇らしく晴れやかなこの日、
平成17年2月27日、日曜日、青年文化センターコンサートホール
来て頂いた観客の方々にきっとご満足いただけるステージをお届けします。

演奏プログラム

日時:2005年2月27日(日)
場所:仙台市青年文化センター コンサートホール
開場:13:30 開演:14:00
入場料:500円
助成:(財)仙台市市民文化事業団
後援:(財)宮城県文化振興財団 宮城県合唱連盟 朝日新聞仙台総局
    河北新報 KHB東日本放送 産経新聞社東北総局
    せんだいタウン情報 仙台放送 Date fm TBC東北放送
    毎日新聞仙台支局 ラジオ3 ミヤギテレビ 読売新聞東北総局

I 混声合唱組曲 海の詩 (岩間芳樹/作詩 廣瀬量平/作曲)
指揮 早川幹雄 ピアノ 磯村順子
 1 海はなかった
 2 内なる怪魚(シーラカンス)
 3 海の子守歌
 4 海の匂い
 5 航海

II 外国語作品集  指揮 早川幹雄
 1 Ecco mormorar l'onde (T. Tasso/作詩 C. Monteverdi/作曲)
 2 Bogoró&dtildeiste &Dtildeevo (S. Rachmaninov/作曲)
 3 Benedictio (U. Sisask/作曲)
 4 Ave Maria (V. Miskinis/作曲)

III なつかしのアニメの旅へ  指揮 早川幹雄 ピアノ 泉田昌子
 1 銀河鉄道999
 2 カントリーロード(耳をすませば)
 3 まんが日本むかし話
 4 宇宙戦艦ヤマト
 5 いつも何度でも(千と千尋の神隠し)
 6 アルプスの少女ハイジ 〜 小公女セーラ 〜 フランダースの犬

IV 混声合唱とピアノのための
    ゆうやけの歌
 (川崎洋/作詩 湯山昭/作曲)
客演指揮 佐藤淳一 ピアノ 磯村順子


平成17年2月26日 土曜日  〜 本番前日 〜


         さて、先ずは前日錬。戦災復興記念館にて演奏会前最後の練習です。
         練習とは関係ないですが、ここって街中にあるのにひっそりとしていますよね。
         ただよう空気の質が違うというのか、妙な落ち着きを感じます。
         そういう場所なんですかね。



               練習場所が開くまでの間、廊下でたむろしています。
               人間に混じって変な生き物がいるようですね。
               あまり気にしないでいきましょう。





                  こんな雰囲気を醸し出しているから
                  「近寄りがたい」とか「無口だ」とか「ご意見番」とかいわれるんですよ。
                  実際は全然そんな事ないのに。 あはは♪
                  酒飲ませると妙にニヤけます。





                 ここで練習すると雨森先生のレッスンを思い出しますね。
                 あの時の練習(2004年夏合宿参考)も楽しかったなぁ。







         明日が本番という事もあり、お気楽な団員たちも皆まじめに練習に取り組んでいます。





                      皆、元気そうでなにより。
                      風邪の心配はないようで安心。





                     ちょいとブレましたな、
                     艦長、すこし動き止めてもらいませんか? あ、ムリ?





                        アンサンブルで練習よ!





                     個人的に、すごい気に入っている絵です。
                     こういう面白い写真はなかなか撮れません。

                   「 ぼくだってあたまのつのでしきぐらいふれるんだよ 」
                      ちいさな声が聞こえてきそうじゃないですか。





                     淳一先生をお迎えして練習に臨みます。
                     先生の練習は本当に楽しい。
                     団員、皆、そう感じているでしょう。
                     合唱が持つ、本当の楽しさを教えて頂ける先生です。





                               カーッ!
                        さすがは淳一先生、気合が違います。





               明日、大事なソロが控えている二人に先生がアドバイスを授けています。
               大役を明日に控え、笑顔の中にも真剣にアドバイスをくみ取ろうとする
               二人の姿があります。





               あいやー、慎○君が完全に隙を突かれました。
               この時は撮影を助手に任せていたので油断していたのでしょう。はっはw





            ピアニストの礒村先生ととアナウンサーの米田さんです。明日はよろしくお願いいたします。
               




                            グッドです。

             こんな捕まえ方されたらあわれ小動物は逃げる術を絶たれてしまいます。
             後は煮るなり焼くなり好きにして☆




                      さあ、みんな、明日が本番だね。
                        大切な明日のためにゆっくり休もうね。


平成17年2月27日 日曜日  〜 本番当日 〜



               まだ朝早い時間。台原森林公園を眼下に臨みます。
               たまには公園でゆっくり散歩でもしてみたくなるものですね。
               




               今日一日お世話になります。青年文化センター。
               いつの間にやらここで演奏できるまでになったんだねと、改めて実感。
               
               天気はあんまり良くないみたい。
               お客さんはたくさん入ってくれるのだろうか?
               




               扉が開くまで待ちの一手。
               体冷やさないようにいっぱい着込んで暖かくして下さいよ。
               早く入れないかな。早く開けてほしいな。





                    朝っぱらから余裕を感じます。
                    この調子で行きましょう。





                        やぁ、やっと入れました☆





                 開演までホントに時間の余裕がないので急いで設営です。
                 みんな、指示の通りにテキパキ動くんだよ。





                 コンサートホールの入り口です。
                 この時間、扉の向こうでせっせと設営作業をしています。





               団員に代わって受付でお仕事して頂く東北大混声の皆さんです。
               お手伝い頂いて本当に助かります。
               今日はよろしくお願いいたします。





                    やぁ、こちらでも受付の設営を頑張っています。
                    ばっちり頼むよ!





                  舞台裏でも大忙しです。必要な機材をいろいろ運んで・・・・・・と、





               ホールの中ではピアノの位置調整を行っているようです。
               ピアノの位置は大事ですからね。合唱とのバランスを考えて入念にお願いします。





             彼も設営隊のはずなのですが、多少努力の方向性を間違えているようです。
             まぁ、これだけの気合があれば『ホール内での飲食禁止』は守られるでしょう。
             それにしても、なんか仁王像の様ですねw




本番前  〜 リハーサル 〜






               練習前、とりあえず一枚撮っときますか。
               女声陣、期待していますよ。今日は頑張ってもらいます。

               しかし驚くべきは、この綺麗なコサージュの原価が100円以下だという事実。
               




               指揮台に立っているのは・・・、あれ? 艦長ではなく麗しき乙女。
               なんで指揮台に立っているのかは別にいいとして、
               う〜ん、なかなか似合ってますね。
               艦長殿、来年の正指揮者は彼女でいきますか?





                    「指揮台に立つとこんな感じで見えるのかしら?」

                     前からだと意外によ〜く見えるらしいですよ。





                     相変わらずステージコートが似合います。
                     椅子に座る写真もかっこいいです。
                     海の詩の「シーラカンス」は彼の独壇場となるでしょう。





             うまく練習が進んでいるか、代表が目を光らせています。
             ちょいと時間が押しているので皆が協力してテキパキ仕事をこなさないといけません。

             しかし、礒村先生、なんでまたそんなに美味しいポーズを取られているのですか?(笑)





                   客席から映してみましょうか。
                   なかなかいいアングルでしょう?
                   こうしてみると、このホールがいかに響きやすいか良くわかります。





               天井を見上げてみると・・・、
               おおぉ、カッコいいですね。お金がかかってそう(ポツリ)





                発声練習を始めます。各パートごと中村先生に見て頂きます。
                いくら今日が本番とはいえ、発声練習だけ見ていただくなんて贅沢ですねぇ。

                それにしても今日のEPICEは恵まれています。
                これほど先生方やスタッフに恵まれる合唱団は他にないですよ。
                成功しないわけがない布陣なんです。








                            上方よりパチリ。

             外国語ステージでは、効果を上げるため男声を階段に並ばせています。
             今のうちにいろいろ試しましょう。なにか面白い発見があるかもしれません。
 




               お、ベースのお二方がハモっておいでです。タダタケですか?
               本当に男声合唱が好きなんでしょうね。体より染み出てます。





                   こちらでは1stの「海の子守唄」ソロの練習です。
                   まさに大役。とても目立つ役回りに抜擢されました。
                   失敗などしないよう、念入りに二人の息を合わせています。





               さぁ、われらが指揮者も徐々に熱が入ってきたようです。
               聞けばあまり寝ていないそうなので、なんとか本番までは頑張ってください。
               本番が終われば、浴びるほどお酒飲ませてあげますから♪








                     どんどんリハーサルをこなしていきます。

                 例年の事ながら、あっという間に時間が過ぎていきます。





                  すいません。ぶれちゃいましたね
                  淳一先生と礒村先生で最後の確認作業をしておられる様です。
                  ちなみに譜めくりは礒村先生の娘さんが担当されます。
                  先生がおっしゃるには「大事なとこでの譜めくりはこの子でないとダメなのよ。」
                  礒村先生、娘さん、ありがとうございます☆





                   本番でアナウンスをして頂く米田さんです。
                   アニメステージでの素敵なアナウンスには感服いたしました。
                   イメージ作りが大切なステージですが、おかげさまでとてもよい雰囲気を
                   作り出せることができました。さすがはプロのお仕事です。





                  練習を終えて、本番前、締めのあいさつです。
                  本番直前ということで皆の顔にも興奮と緊張の色がうかがえます。





              あと30分後に本番、開演です。全体写真を撮りましょう。
              良き想い出を残せるように、精一杯の想いを伝えることができるように、
              観客の皆さんに感動を伝えることができるように、最高の演奏をして見せましょう。
              このメンバーで歌えることに誇りを持って。 さぁ本番だよ。




本番直前






                   男性陣の控え室。多少むさくるしいのはご愛嬌。
                   良い顔してるじゃないですか。





         アニメステージでの衣装でおしゃれしています。傍目にはどこぞのグリークラブみたいです。

       ちなみに、アニメステージの衣装は
       企画の構成上『洒落たバーに行くときの服装で』という難題が下されたのですが、
       案の定、エピ団員(ていうか男)は結構苦労したようで、
             「ぼ、ぼくはいったい何をき、着れば良いのでしょうか? ああ・・・、」
             「俺、洒落たバーなんか行ったこと無いよ。バーボン?頼んだこと無いし。」
             「第一そんなおしゃれな服なんぞ持ってねぇ。」
       と、切実な嘆きが聞こえてきた模様です。ちょっとした惨劇です。

       反面、女声陣は衣装選びを存分に楽しんでいたようで、
       豹柄のドレス、背中をかな〜り露出したセクシードレス(もちろん黒一色)、
       ベトナムの民族衣装等と個性豊かにキメてくれました。男性とは雲泥の差ですね。
       観客(男性)の皆様にもさぞや眼福の光景をもたらしたと思われます。





                      余裕のポージング。仲良いですよね。





                わお、良い感じですね。なかなかセクシーだこと♪





              わかりにくいですが、靴の上に靴下を重ねて履いている図です。
              何でこんなことをしているかというと1st「海の詩」のシーラカンスの際に、
              ステージ上をゾロゾロ歩く演出をするのに、足音を極力押さえるための工夫なんですよ。
              いろいろ考えてますねぇ。





                      OK、準備はバッチリのようです♪






              そろそろ本番です。舞台裏に団員が集まってきました。
              何回演奏会をやっても、この瞬間のドキドキ感はたまらないものがありますね。





            おおお! 受付ではお客さんの入場が始まったみたいです!
            並ばれていた様子から判断するに、前回の定演よりも多くのお客さんに
            来て頂いている模様です。うれしいな!
            う〜ん、ついに始まりましたね。抑えようにも気持ちが昇まります。





              お客さんが続々と入場されています。座席がいっぱいうまれば良いなぁ。


本番





               第1ステージ、海の詩の「シーラカンス」終了直後の並び。
               女声ソロの2人が前でスタンバイ状態なのがわかりますね。
               シーラカンスでは奇怪な笑い声あり、水音の効果音あり、エンド○あり、
               ステージ上をぞろぞろ歩き回ったり等、視覚効果も考えたステージ作りとしました。







               第2ステージ。「 Ecco mormorar l'onde 」の並びです。
               階段上の男声がステージ上の女声を包み込む形になります。
               コンクールでやりこんだ曲なのでこのような並びで出来ます。
               観客の皆様からは好評でした。







                   衣装からしてアニメステージの様ですね。
                   踊るようなダイナミックな指揮です。





                遠目でわかりづらいかもしれませんが皆着飾っています。





               男声陣、演奏中のところ下手側の覗き窓より一枚失敬。
               おなじみ真横からのアングル。

               上の絵は「宇宙戦艦ヤマト」熱唱中の場面ですが、
               裏に控えた女性はそれはもう凄い盛り上がりようだったらしく、
                   「チキチキよ、チキチキ!! アハハ! 」
                   「何なの? 超ダサすぎー☆」
                   「次、シャバドゥビーよ! みんな静かに・・・・・・、ゥキャー!! プゲラ 」
               など、男性陣が知らぬところで、あまり思わしくない悦び方を
               されていたようです。わたしも先程知りました。ははは。





               カントリーロードにて冒頭のソリをこなしました。
               ドキドキでしたね♪ 観客の皆さんに一礼です。





               第4ステージ「ゆうやけの歌」です。
               淳一先生の指揮と礒村先生のピアノとÉpiceの歌唱力が上手くマッチし、
               この難しい曲の多彩な表現をよくこなせたと思います。じぷしぃとちめんぼぉ♪





               アンコールですね。ちょい斜めから写しました。
               こうしてみるとÉpiceは男女のバランスが本当にいいですね。
               このバランスをそろえることに混声合唱ならではの腐心があるわけで。







               無事本番を終えることが出来ました。
               来ていただいた皆様方にお礼のカーテンコール。
               この大地讃訟、これかまたハモるんだ♪




打ち上げ




             ま、例によって打ち上げなんですけど、乱れるのは当然なわけで、
             面白くはあるのですが、直視に耐えられない画像も複数枚あったわけでして、
             まぁ、なんというか、「コレぐらいならば、許してもらえるだろう、多分、うん。」と、
             のび太並みのお気楽思考で、何枚かチョイスしました。


             さて、飲み会の写真というのは美しくありません。
             当人達だけが楽しんでいるだけですから。
             ここで引き返すというのも美徳の一つかと思います。
             ええ、その方が良いかも知れません。
             「こいつら、相当楽しんでやがるな、」ぐらいに思われるでしょう。
             ページ作成者としてはそれで目的達成ではありますが。



             ここまではエピ団員以外の方の目を意識して作成しました。
             以下、全くもって意識しておりません。
             関係各位、お疲れ様でした☆





                 さぁ、やることやったし、のむぞ〜!! やる気満満





                     見てください。真冬厳寒期なのに半袖一枚です。
                     戦闘体勢ばっちし。燃える乙女に乾杯!





                 かんぱ〜い!  ・・・おや、ちょっと何飲んでるの?
                 おおぉ、なんと「黄金のウコン液」を初太刀一気爆飲です。
                 出だしから燦然と輝く女傑に、大いなる幸あれ!





                     艦長自家製のどぶろく8号を手に意気揚々。
                     うまいんだこれが。





                   さぁさ、飲めや飲め。どんどんどぶろくがなくなります。





                  この一画は始終落ち着いてましたね。周りがうるさ過ぎるのか。





                   なんてたって注ぎ上手です。二人ともお役目お疲れサマ。





                 あはははは! いや、面白いです。ウケました!
                 艦長殿、めちゃくちゃショボ−ン。打ち上げだというのになんか怒られています。
                 なんでだ? あはは! スタッフのイシヅ○君からのキツイ視線が非常に良い!





                 そろそろ良い感じになってきましたね。淳一先生も出来上がって参りました♪






                   あははははは! グレート! 全てが良い感じ!
                   ポージング、食い付き方、どれを取っても一級品です。





                   数多の打ち上げ写真中、最もファンタスティックな一葉。
                   小道具が出てきて、もう止まりません。











                   でましたスペシャル小道具。2枚ほど危険な薫りがしますが、
                   美少年ということで赦されるはずです。ん?
                   それにしても・・・、グレイトだぜ!





                    何をすましているのでしょう、この小娘は。
                    こういう不埒な娘には一度たっぷりとおしおきをせねばなりません。












                     以上です。

                     ここまでお付き合い頂いてありがとうございました。
                     打ち上げがあんまりアレだからといって、見放さないでくださいね。
                     普段はとってもまじめな良い人たちなんです。
                     それは良くお分かりになって頂けたかと思います。


                     さて、また次のイベントに向けて動き出しますよ。
                     止まってなんかいられない。
                     イケイケゴーゴー!!

























                       ふざけすぎてすいませんでした。