ひとつの目標、ひとつの到達点
HOME
第59回全日本合唱コンクール全国大会



   火の国、熊本。
   合唱団Épiceが創設されて以来、初めて迎える晴れの舞台。
   実力と運と、また、それ以外の何物かが上手く作用しなければ、
   到底、参加することなど出来ないもの。
   それが全国大会という与えられた舞台。

   与えられたら与えられたなりにやるべきことがある筈。
   団員各々、胸中に様々な思いを抱きつつ、仙台を発つ。



平成18年11月25日 土曜日  〜 本番前日 〜



                     さて、朝だよ。
                     お寝坊さんは飛行機に乗れなくなるよ。
                     さー、レッツらゴー♪




                         のまのまイェイ!

                     あー、いきなり飲ま飲まですか。
                     まだ仙台空港に向かう車中だってのに、
                     米焼酎の本場を前に先が思いやられます・・・。


 


                    仙台空港。フライトまであと少し。
                    団員が集まってきたようですよ。
                    3日分の荷物を携えているので見るからに重そう。





                     航空券を渡されました。
                     間違いがないか確認中。
                     ついでに窓側かどうかもしっかりチェック。





                    遠く九州まで連れて行ってくれる飛行機。
                    ポケモンジェット? あっはは、無理言っちゃいけねぇ。





                     あっという間にホテルまでひとっ飛び☆
                     嘘です。福岡空港〜熊本市間は結構長かったです。
                     さて、長旅の疲れを癒して、明日に望もうね。
                 



平成18年11月26日 日曜日  〜 本番当日 〜




                      練習場所は熊本県立劇場から程近い熊本県青年会館。
                      近くに桃山式の池泉回遊庭園が見事な水前寺公園があり、
                      ひっそり夏目漱石の記念館もあったりします。





                       其処におわすは艦長殿。

                       表には出しませんが、静かに本番中の
                       イメージを心中にて練っているようです。







                    ぴりぴりとした雰囲気はなく、心地よい緊張感を感じています。
                    ちょうど良くリラックスしているようですね。
                         



                    午前中の練習も良い感じに終わり、会場に移動します。




                      むっ、看板!
                      記念になるので写真に撮っておかねば!

                      意外に爽やか。





                   宮城教育大学混声合唱団の志士ら。
                   撮影者が強制ポーズを命じてからわずか5秒程度でこの出来。
                   バランスいいねー。この6名、息が合ってる。





                  気を付けなされぃ、カメラはいつも真正面にあるわけではなくてよ♪





                    関西支部なにわコラリアーズの伊東先生とお会いしました。
                    伊東先生には、つい先日、わざわざ仙台までお越し頂き、
                    レッスンをして頂きました。今日は先生のためにも頑張らないと。
                 



〜 会場入り 〜









                    リハーサル前の最後の練習。
                    本番直前の練習場所って全く響かない所が多いですよね。





                       セットアップ、セットアップ!
                       OK、ブラザー。
                       テンキュー、ブラザー。





                      お、鍵盤ハーモニカ奏者ですね。
                      今回、合唱団Épiceはこの様に音をとります嘘です。
                      彼曰く、フルート奏者をイメージしたとの事。





                      そしてリハーサル。泣いても笑っても練習はこれが最後。
                      ここで歌っている時、皆さんは何を考えていましたか?
                      私は湧き上がってくる過去の記憶を思い浮かべていました。

                      それ程の時間を置かずして、熊本での体験が
                      良い思い出に昇華されることになるのでしょう。





                        さーさ、健成の茶を召し上がれ。
                        あ、おいしい。
                        心もお肌も潤うわ。素敵。








☆ now on stage ☆
















                        まさしく本番直後。
                        興奮冷めやらぬままに通路口を駆け抜ける。
                        どうだった?よかった?
                        上気した、様々な声が交差します。





                      お決まりの写真撮影。
                      この面子はベースですね。
                      まるで新内閣発足の様。





                      会場中、そこかしこに人が行き来する。
                      楽譜、音源売り場が繁盛してました。
                      こういう風景を見ると全国大会に来たのだなと思うのです。





                    あっという間に結果発表を迎えます。
                    歌いやすいと評判だった県立劇場コンサートホール。
                    緊張があたりを包んでいるのが肌で感じます。





                       舞台上も準備が済んだようです。
                       体育会系的な若い熊本市長さんの挨拶は面白かった。





                     合唱団Épiceは銅賞を頂きました。
                     さすがは全国大会。レベルの高さは半端じゃありません。





                        賞状を授与されました。
                        感慨深いシーンです。





                      辺りはすでに真っ暗。
                      閉会式が終った途端、場内からは多くの人が出てきます。

                      もしかすると、もう2度とこの場所に来る事はないかもしれない。
                      良い思い出をありがとう。





                        玄関前で円陣を組み簡単に反省会。
                        しとしと雨が降っているのがわかります。
                        『 銅賞でくやしい 』
                        『 全国大会の熱気を感じたよ 』
                        団員の想いが交差します。




〜 壮絶な打ち上げ 〜








                     さてさて、この後は打ち上げの映像です。
                     写真は多数撮った(ていうか撮られた)のですが、
                     例のごとくUPするのが躊躇する画像ばっかり。
                     その中でも、差し支えない(?)であろう絵のみを紹介します。

                     昨今、web上に画像をupするのは大変に気を使います。
                     ( 変な事件や変な人がいろいろ居ますからー )
                     ホムペを管理している以上、使う写真は厳選していますが、
                     もしも、この写真は不味いなと思うものがあれば、速攻、
                     管理人までご連絡つかあさいね。>>団員の方々江








                     ぢゃあ、   ゚+.(・∀・)゚+.゚   イキマスカ





                       艦長殿より挨拶を頂戴。
                       挨拶自体は良いのだが、年々長くなり
                       かつ巻き添えが多くなってきているのは気のせいか?
                       もー勘弁して





                       飲ませられること、もはや恍惚の域。





                        元祖爽やか系。
                        しかし、爽やかなのもここまで。
                        例え酒に呑まれたとしても、絵になる。
                        そんな貴方が素敵です。





                       迎えたるは美女御3方。
                       心なしか頬もほんのり染まり、とても良い感じです。
                       





                       人気者の所には人が集まります。
                       『 焼酎イエー! 』





                     誰だ、こんな危険な写真を写したのは!?
                     あぶない、あぶない、これはあぶない。





                       佳境を迎えています。まさしく華の佳境。
                       これだけ見事だとコメント付ける必要はないっスね。




                       そして、店のおやじさんも超ハッスル!







                     うおお、すげぇ! 只モンじゃないぞこのおやじ!
                     これだけ早く杯を飲み干す人は見たことがない!
                     もーノリノリよ。ノリノリ!

                     しかし何より、奥様の後姿がある意味凄いぞ!




                     とーにかく飲んだ飲んだ。飲みましたさ。
                     おおいに飲んで甚だ結構!
                     やっぱりこうじゃないとね☆




〜 おまけページ 〜




                       さて、熊本最終日。
                       どうせなら熊本にいる人たちで観光しましょうよ。
                       というわけでバスを借り切って阿蘇まで行ってきました。





                       エピバスと団員と。
                       後ろの連山が良い感じ。





                       おー、阿蘇じゃん。
                       こうやって見るとやはり壮大ですね。
                       すげー。





                   残念ながら阿蘇山頂は霧が凄くて室内にて写真撮影。
                   それでもバスで行く旅路は楽しいものよ。





                       阿蘇麓の内牧温泉前の手湯にて集合写真。
                       手湯って珍しいいよね。
                       仲良く揃ってポーズ☆





                       場所は変わって熊本城。
                       迎えてくれたのは清正公。









                     さすがは日本三大名城に数えられる美しさ。
                     市長さんがしきりに築城400年を迎えますと
                     おっしゃっていましたね。

                     とにかく美しい、素晴らしい。





                     天守閣よりキャッスルホテル、県立劇場方面を望みます。
                     遠くにうっすらと見える山々が阿蘇山。




                     さーて、そろそろ帰らないとね。
                     名残惜しいけど、もう時間だよ。
                     何より無事故で過ごせたことが一番の収穫かもね♪





                        さらば、九州。
                        また来るよ。




                      そんなこんなであっという間の熊本滞在。
                      非常に充実した全国大会in熊本となりました。
                      来年の全国大会会場はは東京上野。
                      なんとか出場できるよう頑張ろうね☆

















































                     『 みてー、うめねりー、おいしいよー。』
                       ☆梅ねりは乙女必須の携帯品☆