第60回宮城県合唱コンクール
HOME
第60回宮城県合唱コンクール



   去年の県大会でステージに上ったのは40人。
   今回の県大会では45人オーバーとの話。
   なんだかんだで着実に団員数が増えているのがたいしたもので。
   このご時世、団員数を増やすのはなかなかたいへんなのに、
   よくやっているなと思うのはさすがに手前味噌か。

   そんな中での県大会。
   今年の夏は夏らしい夏ではなかったですね。
   天気的に完全燃焼し切れてないだろう?と思ったのは私だけではない筈。
   この分だと県大会当日も雨雨になりそうです。
   なんとかなりませんかね。
   なんともなりませんね。せめて事故のないように心がけたい。




平成20年8月30日 土曜日  〜 本番前日 〜



                 本番前日の練習場所は戦災復興記念館。
                 ちょい昔、ここで雨宮先生のレッスンをうけたことがありました。
                 当時を知る者としては懐かしい。
                 そんなに昔のことではないのですが。

























































               最近いつもの事ですが、今日もかなりぴりぴりした練習になりました。
               特にソプラノパートは今年に入って新たに入団された方が多く、
               パートの声質をまとめるのに大変な苦労をしています。
               今日明日でなんとかなるものではなく、ただただ、練習が必要です。
               しかしツラいよね。

               白熱した練習が終わり、夜ももう遅い。
               明日も早いです。
               早く帰ろう。








平成20年8月31日 日曜日  〜 大会当日 富沢市民センターにて練習 〜












                     午前9時。
                     お寝坊さんにはつらい時間。
                     長い一日の始まり始まり。









                      朝です。見よ、この笑顔。
                      『フゥハハハハハー!!』
                      自信がみなぎっているのを感じますッ…!









                     『いざ照覧! うなれ背筋!』

                       若い子は良いですね。









                      朝も早い時間帯。
                      しっかり体を起こさないと声も出ません。
                      開脚ひとつも大変ですよ?









                        Nirvana♪









                        これは面白い絵。

























                     粛々と練習が進められていきます。
                     やはり去年に比べて人が多いですね。









                    ティーチャーから的確な指示が出されます。
                    この絵も面白い。









                     完璧なピースサインに笑顔。
                     良い顔してるじゃないですか。









                 おお!まるでアカウミガメの出産シーンの様!
                 素晴らしいポージングだが、周りの全く無反応もこれ良し!
                 これはこれで貴重な一枚です。












  〜 会場入り 〜








                  会場の名取文化センターに到着。

                  いやいやいやいや、
                  いったいいつになったら雨はやんでくれるのか。
                  もうずっと降りっぱなし。金曜は雷鳴が凄かったし。
                  ステージコートがムレムレするのでいいかげんにして〜。









                  着替えた後に迎えてくれたのはこの娘。
                  いきなりFFの曲を弾いてるし。
                  『 やっぱ6が最高ですよ〜! エドガー様Love〜(ハート 』
                  気合が入りまくっているせいなのか髪逆立ってるしw
                  もう手がつけられません。





















                  各個人、緊張感を昂揚させているのです。多分









                  リハーサルも終わり、そろそろ集合ですかね。







































                     準備は良いようですね。
                     さて、いきますか。









                    誘導係りの方、大変にお疲れ様です。
                    とにかくこの団はかしましい。
                    きゃぴきゃぴきゃぴきゃぴ。
                    ここまで整列せしめるのは結構な一苦労。















                  やぁ、最後のリハーサルを迎えます。

                  ちょうどこの時、HP管理人あろうことか蝶タイを紛失w
                  結局、すぐに見つかったものの迷惑をかけてしまう大惨事。
                  H夫妻様本当にごめんなさい。
                  上着のポケットに蝶タイ入れたまま移動するのは危険と理解。
                  脱いだ時、ふとしたはずみで落ちちゃうんだよね。あぶねぇ。

































                     もちろんフラッシュ無し無音にて撮影。
                     本番直前の上手はこんな感じなんです。








  〜 演奏、そしてその後 〜






               合唱団Épice
               第60回全日本合唱コンクール演奏曲目

               課題曲[混声]G1 Cibavit eos (William Byrd 曲)
               自由曲 廃墟から 〜無伴奏混声合唱のために〜より
                     『1.絶え間なく流れてゆく』 (原民喜/詩 信長貴富/曲)








                   ああ、終わった終わった。
                   ほっとするのと同時に深い安堵感に包まれます。























































                    手応えあったかな?
                    心地よい疲労の中で反省会を行いました。
                    この一時が至福だよね。










            このまま閉会式を迎えたわけですが、
            合唱団Épiceは金賞を受賞し、東北大会への推薦を頂きました。
            金賞以外にも宮城県知事賞受賞と全日本合唱連盟理事長賞受賞も
            あわせて受賞しました。もちろん合唱団Épice創団以来初めての事です。



            勝ち負けのあるのがコンクール。
            前日の高校の部では東北大会まで進めず涙を流した方も多くいたとか。
            その分まで頑張ると言ってしまえばもはや綺麗事となりましょうが、
            コンクールに参加した以上、賞を取った取れなかっただのは必ず付いて
            回ることで。東北大会までの一ヶ月間、やることが増えたという、
            どうひっくり返っても間違いのない事実があるだけです。


            故にコンクールに参加する合唱団にはそれ相応の努力が求められる。
            平たく言うとこういうことなのでしょうが。


            どこまでできるのやるの?
            この先まで説得力を持って言える人はそう多くはないようなので、
            各位自分で探さなければいけません。
























            ゴタクは後だ。やることやったし。飲もう。

            提供された写真は例によって全く美しくない。
            よって3枚に厳選。ていうか他にアップできる絵が少ない。
            理由は推して知るべし。

            いざ、いざいざ、Izaaaaaaaaa!!
     








                    乾杯。
                    図ったかのようにトライアングラ形成。
                    さてはバミューダ海域のアレみたいなものですか?w









                 『 なにバカ言ってるの!いいから飲みなさい! 』
                 『 ぜんっぜん飲み足りないじゃない!のみな!! 』
                 『 はぁ、頂きます…(俺、何かヘンな事いったけかな…?)









                 『 ヤッター、ウエニアゲルアルネー!(・∀・) キャピー!』
                 『 3枚ありマース。うへへへー 』





























































                    『 アヒャヒャヒャヒャ!!! 』

                    かわいそうに、興奮極まったようです…、



                          終わり☆