HOME
第62回宮城県合唱祭
5月29日(土) 前日練習

 春らしさがなかなか落ち着かない5月です。
 今年も宮城県合唱祭の季節となりました。
 エピスの練習はいつでも真夏のように熱いです。
 合唱祭では、サンドストレムの「Hear My Prayer, O Lord」、ミシュキニスの「Ave Maria」を演奏しました。



まずはいつもどおり、パートごとに座って練習です。

特にサンドストレムの曲は、ハーモニーが複雑で、パートの音をつかむまでにも時間がかかります。
そこで…


パートをミックス。



隣の人はどんな音かしら。



「願いをきいて欲しい、っていう叫びの歌だから」
もっと熱く、しっかり歌おう




「あれ、お菓子がもうない(涙)、食べたいのに…」
歌の合間のブレイクタイムに突如訪れた悲しみのひととき


「はい、まだあるよ」


「やった、かみさまありがとう」(違)
はいはいどういたしまして、と背中も語る



おや、コーラスウォークラリーのチラシを持った指揮者のお二人
なにやら宣伝したいことがあるようです
詳しくはこちらをご覧ください


わたしも参加します


みんなの練習後には、ソプラノのパート練習です




ソプラノアイドル4姉妹も、練習に精をだしています
「うまく歌えるようにしなくちゃ」



そんなアイドルたちの出待ちまでいます



明日の本番、気合入れます


5月30日(日) 合唱祭当日



待ちに待った合唱際です!



原体剣舞連だよね、準備おーけー
いや、違います
(原体剣舞連では、腰にカラー帯を巻きました)



今日はよく晴れているので、外で体を動かします



背筋をぴんと張って、いい息をすいます
新緑がまぶしい



さて、次は練習室へ移動、移動



練習の後はのどを潤さなくては


おっと、演奏を前に、楽譜を見ながら悩んでいる人がいます

うーん、このフレーズをどう解釈すればいいのか…


先生、悩んでいます
若者よ、大いに悩みなさい


 ステージでは、今できる精一杯をお届けいたしました。
 まだまだ未熟なところがたくさんあったと思います。
 もっと練りこんだ演奏ができるよう、もっと熱い練習をしていきます。









エピスっぽく"E"と"P"を手でつくろうよ
え、Eってどうやるの


こう、こう
え、どう?どう?


だからこうだって
こう?こう?


できた! "E""P"ice!!